小顔になれる美容整形|気軽に受けられる施術メニューをチェック

骨格による手術

男性医師

エラを削る手術

小顔の整形をしたい時に骨格によってエラが張っている場合には、エラの骨を削る必要があります。エラが張っているところを1センチ削るだけで、十分な小顔効果を得ることができます。その反対に、人によっては顎の先に至るまでの広範囲を削らなければいけない場合もあります。整形クリニックによっては、コンピューターを用いたシミュレーションを行うことが可能です。そうすることで、整形を受ける前に自分がなりたい小顔の理想と照らし合わせることが可能です。エラ削りの整形手術の場合、口の中から切っていき、切開するのは奥歯の歯肉と頬の粘膜を切開していくため、手術の跡が目立ちにくくなります。エラを削ることで、小顔になり、女性らしい顔立ちを手に入れることができます。

顎を削る手術

理想的な小顔を作る際、顎がどうしても気になるという方がいます。長すぎたり、突き出しているあごは理想的なフェイスラインを作るうえで問題点になります。そのような人は、整形手術によって、顎の先端を削ることが可能です。顎を削ることによって、顔全体の長さが短くなるので、フェイスラインが整うだけでなく、骨格から小顔に導くことができます。顎の骨を削る整形手術も、口の内部の歯茎の下の部分から切開していきます。そうることで、手術の傷跡が表面に見えにくくなるため、整形手術をした事が周りにはあまり気づかれません。またこの手術も、整形手術を始める前に担当医とのカウンセリング等で事前にシミュレーションをすることが大切です。